メタバース時代に備えて主婦が独学でBlenderを勉強する!

子育て主婦が今身につけたいスキル
この記事は約4分で読めます。

毎日、家事や育児に追われる日々の主婦です

同じ境遇の方へ質問です

ぽん
ぽん

子育てが落ち着いたらパートか何か始めたいけど接客業はちょっとな…

こんなこと思ったりしませんか?

私は人見知りでコミュ障のため、できれば在宅かデスクでお仕事できたら良いなと思っています

でもその為には何かスキルや特別な特技がないと難しいところ

 

そこで、前から興味があったBlender(ブレンダー)に挑戦してみることにしました

 

なんでBlenderなの?

そもそもBlenderって何?

と思った方はぜひ次も読み進めてみてください

 

スポンサーリンク

来たるメタバース時代に備えてスキルを身につけよう

まず初めに『メタバース』という言葉は聞いたことありますか?

メタバースとは

インターネット上の『仮想空間』のこと

その仮想空間の中で私たちは自分の分身(アバター)を持ち、人々と交流したり買い物をしたりイベントを楽しむことが出来るようになる時代が来る!かも

イメージしやすいのは細田 守 監督作の『サマーウォーズ』という映画です

個人的にすごく面白いので観たこと無い方はぜひ観て欲しい!

created by Rinker
¥330(2022/05/17 11:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

映画の中では「仮想都市空間OZ」という空間が存在します

ぽん
ぽん

まさに、このOZ=メタバースという感じです

名前の由来は「メタ(高次・超)」と「ユニバース(宇宙)」が合わさったもの

参考:https://japan.cnet.com/article/35182844/

このメタバースという空間が世間で急速に注目され始めているのです

主な理由は

  • テクノロジーの進歩
  • 近年の新型コロナウイルス感染症による対面でのコミュニケーションの機会減によるリモート環境の普及

 

名のある大企業(例:旧Facebook社は社名を「Meta」に変更)なども来たるメタバース全盛期時代に向けて

新たなサービス・商品の開発を始めています

参考:Yahoo!ニュース

メタバース時代に必要とされるスキルとは?

メタバース時代がこれから急速に進んでいくらしいことは分かったけど

それで必要とされるスキルって?と、思いますよね

 

ここで私が個人的におすすめしたいのがBlenderです

メタバース時代では3Dの仮想空間の中に自分の分身がいるという状況になるはずです

その中で買い物やゲームが出来イベントやインフラまで存在することになるかも!

 

3D空間の中にありとあらゆる3Dのものが存在する訳なので、きっと…

ぽん
ぽん

3Dモデルが作れるようになれば需要のあるスキルになり得るのかも!

そう思った私はこれから3Dモデルを作れる3DCGソフトの勉強を始めることにしました

3DCGソフトはBlenderをチョイス!!

ここでもう一つの疑問『なぜBlenderなのか?』ですよね

 

Blenderって何?

Blenderとは3Dモデルを作れる3DCGソフトのことです

3DCGソフトは色々あるみたいですが基本的に高価なものばかりです

ZBrushやMayaなどが有名(参考:mybest

ただ、私は主婦なので高い金額は出せません…。

なので無料で使える『Blender(ブレンダー)』というソフトを使うことにしました

もし、3DCGの業界に就職先として考えるのであればBlenderだけ使えても、就職は厳しいこともあるようです
その際は、業界の標準ソフトと言われるMayaを使えるようになった方がいいのだとか 参考:freelancehub

ただ、制作過程の理解や3DCG制作を勉強するための最初のソフトとしては無料で使えるBlenderが断然おすすめです

まとめ

メタバースとはインターネット上の『仮想空間』のこと

今後、急速に進んでいくであろうメタバース時代に向けて3DCG制作というスキルを身につけよう

 

私自身、3D制作未経験のただの主婦です

未経験者が家事育児の傍ら独学でどこまで出来るか分かりませんが

『私も勉強してみようかな!』

と思って下さった方、ぜひ一緒に頑張りましょう!

 

次の記事ではBlender を使うために必要なものやインストールの方法などをご紹介します

 

コメント